作業の紹介【穀物班】

社会福祉法人印旛福祉会 HOME > いんば学舎・松虫 > 作業の紹介【穀物班】

穀物班

落花生と自家製お味噌が自慢の穀物班です!暑さにも寒さにも負けず、みんなと一緒にがんばっています。

商品の紹介

落花生

「はーとふるメッセ・オブ・ザ・イヤー2014」において、審査員特別賞 受賞!!

本当に美味しい落花生を知ってもらいたいという思いで、落花生農家から聞いた「水洗いをすると旨味が逃げる」という言葉を参考に、水洗いせずに土が付いたまま製品化しています。
収穫量も少なく栽培の難しい千葉半立種にこだわり、一反歩以上ある畑を暑い日もめげずに草を取ります。大量に収穫された落花生を山積みにしてぼっちを作り、十分に天日干しされた後は、皆でコツコツと落花生をもぎ、丁寧に煎り加減を確認しながら焙煎し袋詰めをします。土作りから袋詰めまでの全ての工程を、誰一人欠けることなく、皆で一丸となって取り組んでいます。

自家製 生みそ

大豆を育て、国産大豆で無添加の味噌を作っています。
大釜で時間をかけて大豆を煮て、麹・塩と混ぜて樽詰めをし、蔵で熟成させてからラッピングをしています。

加工品

穀物班では、主に学舎産米粉を使用した「スノーボールクッキー」、学舎産卵を使用した「アーモンドココアクッキー」を作っています。
計量から混ぜる作業、ラッピングまでメンバーが関わり、出来上がった加工品は、不定期ですが「オソロク倶楽部」や「JA 西印旛農協」で販売しています。

千葉県にあります福祉施設「社会福祉法人 印旛福祉会」です。
知的障害者を対象にした障害福祉施設「いんば学舎」を運営しております。

インターネットからのお問い合わせは
右のフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。