いんば学舎・草深

社会福祉法人印旛福祉会 HOME > いんば学舎・草深

障害を持つ方とその家族の
様々な要望にお応えしています。

草深のご案内

地域で生活する人々のより豊かな生活を求め、一人ひとりの個別なニーズに沿った支援を行うことを大切にしています。様々な体験を通し、色々な人に出会い、その人らしいスタイルで生活が送れることを目指し活動しています。
名称
いんば学舎・草深
所在地
〒270-1337 千葉県印西市草深怖録484-3
電話番号
0476-48-6411
FAX番号
0476-48-6400
定員
40名
対象
18歳以上の知的・身体障害を持ち障害程度区分3以上の方
職員
管理者・サービス管理責任者・生活支援員・看護師
施設規模
【敷地面積】1,953㎡ 【建物延べ面積】663㎡
【本 棟】613㎡ 【付属棟】50㎡
【鶏 舎】70㎡ 【耕作地】約5,500㎡
令和2年度の行事予定
4月
歓迎会
5月
土曜通舎(中止)
班別懇談会(中止)
6月
運動会(中止)
7月
じゃがいもパーティ
地曳網
8月
納涼大会
ブルーベリー狩り
9月
共働作業日(土曜通舎)
一泊旅行
10月
そば打ち体験
健康診断
11月
収穫祭
12月
クリスマスコンサート
忘年会
1月
新年会(土曜通舎)
2月
土曜通舎
3月
保護者会 送別会
一日の流れ
8:30~
送迎
9:30~
登舎 着替え
9:50~
朝の打ち合わせ
10:00~
作業
12:00~
配膳・昼食・休憩
13:30~
作業
15:00~
着替え
15:15~
帰りの報告
15:30~
帰舎 送迎

新着情報

春5月 畑作業に取り組んでいます            令和2年 5月

新型コロナウィルス感染症対策に留意しながら、春の日差しを体に受け止めて、畑作業に取り組んでいます。

←草深施設前の木製看板がきれいに削り直されて、取り付けられました。
有機農園
有機農園
穀物農園
穀物農園
穀物農園
にわとり農場
にわとり農場
トマト農園
トマト農園
陶工房草風窯
陶工房草風窯

草深たまご通信第11号を発行しました         令和2年 5月13日(水)

にわとり農場では、通信を卵のご利用者向けに不定期で発行しています。このほど第11号を発行いたしました。

上の鶏のイラストをクリックすると、「草深たまご通信第11号」が開きます。
←←←にわとり農場のページからも、草深たまご通信を見ることができます。

令和元年度各班の打ち上げ              令和2年3月中・下旬

各班ごとに、年度最後のお楽しみ企画を実施しました。
今年はあまり遠出せずに、草深の敷地内でバーベキューを行ったのが3班ありましたが、
春の気配を感じながら、いつもの環境で、お腹いっぱいにお肉や野菜をほおばるのも
楽しいひと時でした。
トマト農園班
にわとり農場班
有機農園班
穀物農園班
陶工房草風窯班
3月25日草深の満開の桜です

さくら開花宣言                    令和2年3月16日(月)

長屋門横の桜のつぼみが一気に膨らんで、5輪以上の開花が確認されました。
草深の開花宣言です。
今日は、青空が広がり柔らかな日差しを感じたかと思えば、大粒の雨が降りだしたりと、気まぐれな天候でした。
体感も肌寒さを感じる一日でした。
暖冬で開花が早まると予想されている今年の桜、新型コロナウイルス感染拡大の影響で
心ウキウキの春到来という気分になれませんが、草深の春はやっぱり優しくやってきます。

メンバー、スタッフ共に、通舎前と通舎時の体温測定、手洗いの励行など、感染予防に努めております。
一人ひとりの体調の変化に気を付けながら、春の農作業などに勤しんでいます。

みんなDE音楽会                   令和2年2月28日(金)

班で毎月1回以上行っている音楽活動。
その集大成として、年に1回のみんなDE音楽会を開催しました。
会場となる食堂を飾る輪飾りやポンポン作りなど、
準備の段階からメンバーを選抜してみんなで行いました。
「楽しみだね!」とわくわくした表情が見られました。
当日は、スタッフ演奏のエレクトリカルパレードに始まり、
歌唱コーナー、身体を動かす「リズムに乗って」、
そしてメンバーの模擬演奏などなど、内容は盛りだくさん。
大きな声で歌を歌い、ポンポンを振りながらみんなで踊り、
大好きな音楽の時間をめいっぱい楽しみました。
模擬演奏では、それぞれ音楽に合わせて
フルートやトランペット、太鼓などの演奏を披露してくれました。
音楽をこれからも草深の暮らしの一環として楽しみ感じていきます。

春を待つ                       令和2年2月

暖冬のまま迎えた2月、トマト班のビニルハウスの前とにわとり農場の畑の菜の花が、黄色い花を開きました。
立春を迎えてから本格的な寒さとなりましたが、まだ低い背丈で北風に耐えています。
そろそろ春を迎える準備です。

初詣                         令和2年1月

3つの班が、それぞれに初詣に行きました。
暖かい冬のよき日に、今年の無事を祈りました。

トマト班は、東勝寺宗吾霊堂(成田市)をお参りしました。
穀物班→小御門神社(成田市)
養鶏班→麻賀多神社(佐倉市)

新年会                        令和2年1月11日(土)

草深の2020は6日からスタートいたしました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年最初の土曜通舎、恒例の新年会を行いました。
午前は、恒例の”書き初め”、”第3回かるた大会”、午後はお待ちかねの”餅つき”です。

書き初めは今年の抱負や希望など、思い思いに筆を走らせます。また班ごとに模造紙に寄せ書きをしました。
各班作業室等に展示していますので、来舎の際はぜひご覧ください。

メンバー・スタッフの顔写真が絵札のカルタ大会は、班対抗です。
1回戦を勝ち上がった有機班、養鶏班と、シードの穀物班の3班で決勝が行われ、なんと養鶏班と穀物班が同点となりました。
代表1名によるPK戦(じゃんけんですが)の結果、穀物班に優勝賞品と表彰状が授与されました。
養鶏班は2年連続の優勝を惜しくも逃しました。
個人1位は2年連続で中村さん(養鶏班)が獲得しました。

餅つきも毎年行っているので、メンバーが杵を持つ手も慣れたもの!
各班ごとに用意した味付けで、おなかいっぱいお餅を食べました。

お天気にも恵まれた新年会、帰りの送迎車内も、笑顔があふれていました。
誰もが幸せな一年を過ごすことができますようお祈りいたします。

草深たまご通信第10号を発行しました           令和元年12月9日(月)

にわとり農場では、通信を卵のご利用者向けに不定期で発行しています。このほど第10号を発行いたしました。

上の鶏のイラストをクリックすると、「草深たまご通信第10号」が開きます。
←←←にわとり農場のページからも、草深たまご通信を見ることができます。

収穫祭・草深2019                    令和元年11月24日(日)

金曜日から降り続いた雨が、収穫祭当日も降り続く中、ボランティアや関係者の皆さんはカッパと長靴姿で、舞台となるテラス前の地面にたまり続ける雨水の吸水やかき出しにご尽力いただきました。
ついに開会時刻には雨が上がりました。メンバーやお客様がちゃんと座ることができる会場ができあがっていました。八千代高校「鼓組」の力強くまた観客と一体となる演出や笑顔に、会場は大いに盛り上がり、憂鬱な雨は吹き飛んでしまいました。初参加いただきましたユーカリアンサンブルさんや、長年応援していただいていますいのち輝け!合唱団、ゴリさんの仲間たちの皆さんの演奏や歌声にも、メンバーたちが共に楽しく参加できました。
今回は、会場や畑の状態を考慮した結果、時間を短縮し、毎年人気の収穫体験や集卵体験などは中止とさせていただきました。それにもかかわらず今年も大勢の地域の方や支援者のみなさまにご参加いただけたことは、メンバーやスタッフにも大きな心の支えとなりました。
ありがとうございました。
陶工房草風窯
有機農園
にわとり農場
穀物農園
トマト農園
販売コーナー
昼食

【予告】収穫祭  開催日:令和元年11月24日(日)

11月も中旬になって、木々も大急ぎで色づいてきました。
恒例の収穫祭も間近となりました。
草深では、地域やご支援の皆様をお迎えする準備をしております。
草深の銀杏はまだ緑ですが、これから黄色く染まることでしょう。
ご来場お待ちしております。

詳しくは←左の画像をクリックしてください。

デントコーン収穫  令和元年9月28日(土)

秋の共働作業日、メンバー39名とそのご家族20名が参加、スタッフを含めて総勢80名が、
秋空の下で、汗を流しました。
デントコーン畑は、台風15号の影響でその多くが倒れてしまいましたが、実は残っています。
収穫しやすいように事前に一部の収穫を行い畑の状態を整備し、当日を迎えました。
収穫のほか、収穫の茎の刈り取り、根っこ堀り、また施設のテラス前では、皮むきや結びを行いました。
みんな毎年のことなので、自然に手も体も動いて、畑もすっかりきれいになりました。
鶏舎の鶏たちの餌の一部になる日まで、デントコーンの実が、テラスや鶏舎横のあずまやの天井に並んで揺れています。

ソフトボール大会  令和元年9月13日(金)・14日

第34回千葉県ゆうあいピックソフトボール選手権大会が、成田市の大谷津運動公園で開催されました。
台風15号の影響で3部リーグは、参加辞退が相次ぎ参加は4チームのみとなりました。。
草深からは、清田さん、山本さん、豊田さんの3名がいんば学舎チームに選手として参加しました。
初日は清郷会と対戦し、10対5で勝利しました。清田さんと豊田さんがスタメンとして出場しました。
試合の雰囲気を楽しんでいました。
いんば学舎の各事業所から応援団が駆けつけ、草深の皆の大きな声援もグラウンドに響きました。
2日目の対チャレンジ国分戦には優勝目指さして意気込んで試合に臨みました。
草深の3人全員が試合に出場、最終回2死から打線が繋がり3点を返すなど粘りを見せましたが、
反撃もそこまで、11対5で負けてしまいました。
来年の優勝を期しリベンジに燃えています。

台風15号  令和元年9月9日(月)

台風15号の被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
また、停電や断水によりご不便を強いられている方々には、
一日も早い復旧とともに、ご健康をお祈り申し上げます。
      
草深では、通舎時間を1時間繰り下げて送迎し、幸いに、メンバーは無事元気に通舎しました。
しかし、道路状況から通常1時間のところ3時間もかかった送迎コースもありました。
一部のグループホームなどでは、停電などが発生している事業所もあり、ふだんと違う生活を送らざるを得ないメンバーへの配慮も必要になっています。
草深の施設などには大きな被害もなく、停電にもならずに済みましたが、にわとり農場の、収穫を約3週間後に控えたデントコーン畑が無残な姿になりました。
共働作業日に向けての準備の見直しを進めながら、畑の整備や一部収穫も始めています。
8月20日のデントコーン畑
順調に育つ実
台風一過9月9日のデントコーンの状況

夏 花だより  令和元年8月下旬

今年も厳しい暑さの続いたこの夏、草深の花壇や畑に咲く花の一部です。

納涼大会  令和元年8月9日(金)

夏休み突入の前日は、恒例の納涼大会です。
テラスには提灯も下がり、否が応でも気持ちが高まるなか、午前中に調理や各班の出し物の準備などをして開会を待ちます。
保護者の皆さんや調理員が用意した、みんなが大好物の焼きそばやフランクフルト、唐揚げなどを、屋外で食べながら、お得意のカラオケに耳を傾けました。
各班ごとにそれぞれのブースで、風船投げ、絵合わせ、輪投げ、シャボン玉、トマトすくい、流しそうめんなどが行われ、メンバーが各ブースをめぐって、お客になったり接客をしたりと楽しみました。
盆踊りやフォークダンスも輪になって踊りました。
スイカ割り、スイカ早食い、そうめん早食いには、メンバー、スタッフに加え、保護者も参戦!
熱い戦いが繰り広げられました。
保護者やボランティアの皆さんのご協力、ありがとうございました。
この夏も猛暑・酷暑となっていますが、熱中症など健康に留意しながら、今日も畑仕事や制作活動に取り組んでいます。

地曳網  令和元年7月26日(金)

恒例の学舎各事業所合同の地曳網は、今年も九十九里の真亀海岸にて行いました。
いつもと違って早朝から登舎し、各車両に分散して出かけました。
晴天にも恵まれて、近年になくイワシがいつもより多く獲れました。
地曳網の後は海辺で思いおもいに遊びました。
昼食は、刺身や天ぷら、唐揚げ、サラダなどなど、おかわりもできて、おなかいっぱい!
夏の一日をみんなで楽しくすごすことができました。

カレーパーティー  令和元年7月12日(金)

班の枠を越えて一緒に取り組もうという一環として、昨年に引き続き、第2回のカレーパーティを行いました。
3月末の植え付けから、全ての班がひとつの畑で大切に育てたじゃがいも。
カレーの具はもちろん、ポテトサラダにフライドポテト、じゃがいも入りのコンソメスープと、じゃがいも尽くしのメニューを、各班が分担して調理しました。
さらにデザートには、トマト班自慢のブルーベリーを使用したヨーグルトも添えられました。
野菜を切ったり、炒めたり、煮込んだり、いつもの畑作業等とは違う調理に取り組む姿がありました。
また、テントの下で、メンバーが交代でカレーを煮込みました。 
梅雨がなかなか明けないこの夏、残念ながら雨天のために中庭でのパーティーはできませんでしたが、食堂で揃って食事しながら、「これ私が作ったんだよ!」「がんばった!」「おかわり!」と嬉しそうな会話が飛びかいました。

収穫!トマト班  令和元年6月下旬

4月の中旬に定植した中玉トマトのフルティカや、ミニトマトの千果、アイコ、シュガープラムが赤く色付き始め、収穫がスタートしました。まだ花も咲いていない時期から実ができるまで、毎日手をかけて育てましたので、全員目を輝かせながら収穫を楽しんでいます。
本埜の畑ではにんにくの収穫を行いテラスに干しました。
立派なにんにくが多く収穫でき、運ぶのがたいへんなほどでした。
ブルーベリーは、冬に選定したおかげで、実が大きく美味しく育ちました。
梅雨にも負けず除草や運び作業に励んでいます。

紫陽花 あじさい  令和元年6月

草深の庭先に、3年前に挿し木で育てた紫陽花が、初めて花を付けました。

印西ライオンズクラブ主催 チャリティーボウリング大会  令和元年6月13日(木)

毎年ご招待いただいているボウリング大会、今回はグループホームで生活しているメンバー8名(女性6名、男性2名)が参加しました。
うち3名が初参加の女性です。
メンバーが投げるレーンはガーターのないバンパーレーン、また6名はボウリングシューターを使いスタッフがサポートしながら投球しました。
自分で投球できるメンバーも、それぞれのスタイルで楽しみました。
投げることには一所懸命でもボールの行方には全く関心のないメンバーや、残ったピンの位置によって投球フォームを変える強者、悔しそうな表情やうれしそうな笑顔、それぞれにボウリングを楽しんでいました。
スペアやストライクが出るたびに興奮したのはスタッフです。
2ゲームを行い、一般の参加者とともに表彰式に臨みました。
総合13位=女性1位や、ブービー賞など、みんなが賞品や参加賞をいただきました。
20:00過ぎ、会場のビッグホップガーデンモール印西のUrban Bowlからマイクロバスに揺られてそれぞれのグループホームに帰りました。
ライオンズクラブの皆様には細やかなご配慮をいただき、ありがとうございました。

第5回運動会  令和元年5月31日(金)

異例の5月の連日の夏日から解放され、さわやかな風が吹いたこの日、印旛中央公園にて各班のメンバー・スタッフとも青組と赤組に分かれ、運動会を開催しました。
選手宣誓や準備体操の後、全員参加の玉入れからスタート。
相手チームの背負ったカゴをめがけ、勢いよく玉が飛びかいました。
運動会は玉入れの勝利で勢いに乗った青組が、ポップコーンレース、借り人競争でも終始リード。
メンバーとスタッフが対になっての班対抗二人三脚は、初めての試みです。
息の合った穀物班(女性)とトマト班(男性)がいずれも僅差で勝利しました。
メンバーのリレーは持てる力を出し切った青組、ガチンコ勝負となったスタッフリレーは赤組の勝ちでした。
学舎に帰り給食の後に表彰式。優勝青組、MVP1名と、各班1人に「がんばったで賞」を贈りました。
その後みんなでおやつをいただき、楽しい一日を締めくくりました。
メンバーたちが作業班の枠を超えて共に活動して、競技のサポートをしたり、芝生の上で仲間の応援をしたり、力いっぱい走ったり、いつもの畑作業でかく汗とはまた違う汗が笑顔に光っていました。

 「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」  令和元年5月

毎月11日の「イオン・デー」にて実施されている「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」にご協力いただきましたみなさまのおかげで、イオン千葉ニュータウン店様より、20,500円の寄付金をいただきました。
この寄付金を活用し、収穫祭等のイベントで使用するカセットコンロを7台とA3ラミネーターを購入いたしました。
大切に活用いたします。
ご協力ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

土曜通舎 佐倉城址公園を散策しました【令和元年 5月11日】

年度が変わって1か月が過ぎ、草深の生活も落ち着きを取り戻したこの時期に、少しだけ遠出をして、各班のメンバー・スタッフの親睦を深めています。
今年は、車で30分程度の「佐倉城址公園」に行きました。広い公園内をゆっくり散策して、ハナショウブを見たり、ブルーシートで寝そべったり、春の清々しい日差しと空気と緑に浸ってのんびりと過ごすことができました。
広場でお弁当を食べた後は、各班ごとに佐倉ふるさと広場や印西牧の原公園などに移動し、おこづかいでアイスクリームやデザートを買って食べるなど、思い思いに楽しみました。

春 はたけ【平成31年 4月24日】

桜が散って芽吹いた山の淡い緑が、日を追うごとに濃さを増して、初夏の青空に映えています。
農作業でも、メンバーが汗ばむ陽気になってきました。
草深の畑の作物など一部をご覧ください。
    
※大型連休中の「草深」は、4月30日・5月1日・2日が登舎日です。

春 さくら つばめ【平成31年 4月初旬】

草深にも春がきました。
長居門の天井には今年もツバメがやってきました。
桜とともにアーモンドの花も咲きました。

平成30年度記事

平成30年(2018年)度の記事はこちらをご覧ください。
※2011年~2017年の活動や行事の様子は、こちらをご覧ください

各班紹介

陶芸班ではメンバー、一人ひとりの個性があふれた作品を作っています。
マグカップやお皿などを作っていますが、同じものはなく一つ一つがどこか違っているのが手作りの面白さだと思います。
また畑では、ロマネスコや赤い大根、水菜など少し個性的な野菜を作っています。
草深の豊かな自然の中、木造作りであたたかみのある鶏舎。
鶏達は太陽の光をたくさん浴び、ふかふかの広い土の上をかけ回り。
餌になるデントコーン作りから、新鮮な地下水。季節野菜や草やり。
メンバー達が愛情を込め、健康なにわとりに育てています。
いんば学舎・草深の自慢の卵です。
元気で作るのも食べるのも大好きな有機農園。
作物を作るのは勿論、自分達で育てた作物を使ってお菓子や漬物などを作っています。
収穫を楽しみに今年も頑張っていきます。
穀物農園では、夏は枝豆、秋は落花生と豆類を中心とした作物を栽培しています。
耕運機を使って土づくりを行い、鍬を使って畝立てをするなど、
どの作業もメンバー中心にがんばっています。今年の生産物もご期待ください。
夏のいんば学舎・草深の風物詩ともなってきた真っ赤なトマト。
草深のトマトは堆肥や鶏糞を使った土づくりから頑張ってます!!
ブルーべリーや野菜、草花栽培にも取り組んでいます。
唐辛子を栽培して、一味も作っています。

千葉県にあります福祉施設「社会福祉法人 印旛福祉会」です。
知的障害者を対象にした障害福祉施設「いんば学舎」を運営しております。

インターネットからのお問い合わせは
右のフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。