作業の紹介【陶工房草風窯】

社会福祉法人印旛福祉会 HOME > いんば学舎・草深 > 作業の紹介【陶工房草風窯】

陶工房草風窯

陶芸班では、みんなの個性あふれる魅力的な作品を目指しています。
現在は、お皿やマグカップなどの実用的なものを中心に、動物などの小物も作っています。

作品作り

たたら(粘土の薄い板)を作り成形します。
十分に乾燥させてから素焼きを行います。
素焼きをした後、表面を少し削り、釉がけを行います。
本焼きをして、作品の完成です!

陶器

外作業

陶芸班は室内の作業が主ですが、畑での野菜づくりにも力を入れています。
冬には赤い大根や赤い水菜、
夏はきゅうりやナスなどを作っています

千葉県にあります福祉施設「社会福祉法人 印旛福祉会」です。
知的障害者を対象にした障害福祉施設「いんば学舎」を運営しております。

インターネットからのお問い合わせは
右のフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。