作業の紹介【にわとり農場】

社会福祉法人印旛福祉会 HOME > いんば学舎・草深 > 作業の紹介【にわとり班】

にわとり班

にわとり班の1日の主な流れ

雌鶏は約280羽、雄鶏は10羽程を1期から4期(4部屋)に分けて飼っています。

鶏舎

ケヤキに囲まれた木造立ての広々とした鶏舎です。
夏は涼しく、冬は温もりが感じられます。
狭いゲージに入れず、日中は屋内と屋外を自由に出入りして伸び伸びと土の上を駆け回っています。

給餌

トウモロコシや大豆粕、米ぬか、ふすま、魚粉、牡蠣殻などを混ぜています。
鶏専用の飼料をバケツを一杯ずつ各部屋にあたえます。
朝とお昼の2回あげています。

採卵

産卵箱の中は、卵をもみ殻を敷き詰めフタをして暗くしてあります。鶏は教えられなくても自然と産卵箱の中で産み始めます。
時には卵を抱いている鶏につつかれながら、落とさないようにそっと卵を集めます。恵みに感謝します。

水やり

毎日2回以上、容器を洗い、新鮮な地下水を与えています。

洗卵

卵の殻に付いた汚れを一つずつ洗います。
洗ったらタオルで水気を取り、パックに並べます。
卵のとがった方を下にして並べます。
6個入り、10個入り、小さな卵は8個入りも作ります。

掃除

通路の掃除、網(柵)のほこり取り、遊び場の落ち葉拾い、鶏舎周りの草刈り、草集めなどさまざまな作業があります。
また、鶏舎の4つの部屋をそれぞれ年に2回程度、土の入れ替えをします。みんなでバケツや一輪車を使って運び出した土は、学舎の畑の鶏糞肥料になります。

配達

午後は主な作業として、近隣のお客様のご自宅へ配達したり
オソロククラブのパン屋さん。マルエイさん(佐倉市小竹店・白井市)。ナリタヤさん(印旛日本医大前店)でも販売させて頂いております。

緑餌(りょくじ)

にわとりに欠かせないのが「草」。ふだんの飼料には含まれない、栄養や繊維を含みます。
鶏舎まわりの畑では、みんなで協力し合い、人にも鶏にもおいしい葉物野菜も作っています。
畑の雑草も餌になります。

平飼いの卵

ケヤキの木立の下で土の上をのびのびと走り回り、土をつつき、砂浴びをし、時には飛びあがる元気な鶏です。元気な鶏からおいしい卵が産まれることを信じて、心を込めて育てています。
茶色い鶏は「ボリスブラウン」という品種です。白い鶏はその雄鶏です。
新たに導入した黒い羽毛の「ネラ」は、「ボリスブラウン」同様の赤玉(ピンク)の卵を産みます。ネラは雌鶏だけを飼育していますが、飼育方法や卵のおいしさは変わりません。

千葉県にあります福祉施設「社会福祉法人 印旛福祉会」です。
知的障害者を対象にした障害福祉施設「いんば学舎」を運営しております。

インターネットからのお問い合わせは
右のフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。