作業の紹介【手織り班】

社会福祉法人印旛福祉会 HOME > いんば学舎・松虫 >  > 作業の紹介【手織り班】

手織り班

手織りは「整経」という、布の元となる糸を一本ずつ、繰りだす作業から始めます。
手織りは「整経」という、布の元となる糸を一本ずつ、繰りだす作業から始めます。
一本の糸が、大きな布に成っていく過程には感動すら覚えます。
様々な糸を選んだり、織り方を工夫してみたりとメンバーの個性が発揮されます。
自由に織りあがった布はボランティアさんのご協力などを経て製品へと生まれ変わります。
既製品にはない独特の風合いが「さをり織り」の特徴です。

千葉県にあります福祉施設「社会福祉法人 印旛福祉会」です。
知的障害者を対象にした障害福祉施設「いんば学舎」を運営しております。

インターネットからのお問い合わせは
右のフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。